中古マンションは築年数には注意が必要

中古マンションは築年数には注意が必要 基本的に、マンションの寿命と言う物は言い切る事ができません。
これはマンションの規模や施工技術、立地条件など様々な物が複雑に絡み合っていますので、一概に何年持つと言う数値が出せない事が理由になります。
しかし例えば住宅ローンの担保などでは築50年程度は見るようになっていますので、多くの場合は50年程度はスメルと判断されています。
なので、中古マンションの購入時には築年数が大きなポイントになっています。
基本的に10年20年の物件であればリフォームの必要もありませんし、30年以内であれば耐震性も大きな問題は無いと言えます。
ただし、購入予定の中古マンションの築年数が30年を超えている場合には注意が必要になります。
と言うのも耐震基準の大きな見直しが行われたのが1981年になりますので、それ以前に建てられた物件は耐震性に不安が残ります。
割安とは言え決して安い買い物ではないので、築年数の古い中古マンションを購入する際には補強工事の有無などの確認が必要になります。

選ぶべき中古マンションのポイント

選ぶべき中古マンションのポイント 中古マンションを購入する際には、選ぶべきポイントと言うものがあります。
このポイントを適当に済ませてしまうと後々大きな問題に発展する可能性がありますので、しっかりと確認しておく事が重要になります。
まず実物を見学出来ると言う中古マンションの最大のメリットを活かして、生活動線や家具の配置などを考えます。
これは非常に大きなポイントで、例え立地条件が良くても住みにくいなら必ず不満が出るようになります。
なので、実際に自分が住むと仮定した時の生活をしっかりとイメージする事が大切になります。
次に押さえておくべきなのは、周囲の環境になります。
例えば周囲に大きな道路がある場合や、学校や公園などがある場合には騒音問題が発生する可能性があります。
また日当たりの問題もありますので、できれば朝、昼、晩の違いを確認する必要があります。
また、他の住人がどのような人かも確認しておく事で人間関係のトラブルを回避する事が可能になります。